So-net無料ブログ作成

大阪都構想。 [日記・雑感]

いよいよ、明日投票ですね。

生まれてからずーっと大阪市民なので、明日はもちろん投票にいくわけですが、まぁ迷いなく賛成です。

色々と議論や話を聞いてきましたけど、結局最初から最後まで、
反対派の中身はほとんどなかったですかねぇ。
投票が近づくにつれて反対派の具体案ももっと出てくるのかもな、とも思ってましたが、
まぁそもそも数ヶ月で今までの膿を出す案なんて出てくるわけがないですよね。
都構想の穴を探すので手一杯だったでしょう。(それすら不十分ですが)


そもそも、現状のままじゃダメだ、というのは双方ともが認めているところです。

で、現状のままの大阪でもこの悪い状況は変えられるって反対派は言うんですが、
じゃ単純になんで今までいくらでも時間あったのに変えてこなかったの?という話になるわけです。

今まで誰も触れることができない聖域にあぐらをかいていた人達が
橋本という人が出てきて、それ自体は押さえ込んできたけど、
市民に助けを乞う裏ワザに出てきて、焦って動き始めてるという印象しか持てません。

反対派の車が街中でぐるぐる回りながら放送してる事もとても印象が悪いですね。
わからなかったら反対しましょう、だとか、銀行の住所変更しなきゃならないがどうとか、
おいおい市民舐めすぎてやしないかいそれ(笑)っていう。
都構想は損をする、という印象を植え込もうとする放送が主で、まぁそれしか方法が
ないんでしょうけれど。


都構想はお金の流れが中心に議論が表面化してますが、
実際は役所、行政システムの再構築が目的だと思います。
特別区設置協定書に書かれている事だけを議論の的にしがちですが、
これ自体は土台であって、現段階ではそれほど重要ではないと考えます。
なぜなら、やってみたら絶対粗も出てくるので、より良く変える必要が出てくるから、です。
始めから完璧なものなんてできるわけがない。
で、この「より良く変える」という事がマトモにできるようにするのが都構想なんだと思います。


まぁyoutubeとかでも討論番組とかが色々転がってると思うので一度は見てみてください。
でてくる市議達みんなホントに酷いですから。
中身がないし、確信犯で嘘ついてるのか無知なのか知りませんがズレた事ばかり言ってます。

基本的に説明会というものは意味ないです。これはお互いがその場で好き勝手言ってるからです。
特に反対派のは、都構想は危ないという想像や決め付けだったり、市のお金が他に取られる、
という嘘っぱちだったりなので、なおさらです。

見る、聞くなら絶対双方参加の討論です。特に橋本vs反対派を見ればとてもよくわかります。
昨日もテレビで自民、公明、共産が手を取り合って、橋本攻撃をしようとしていましたが、
大阪の事なんて最近になって考えはじめたもんだから、全く中身がなくて太刀打ちできてませんでした。
あの完成度でよく討論OKしたなぁと思います。


いろいろ自分で見たり聞いたりした上で考えて反対なら、
それはそれで各個人の意見、考え方なわけですから、もちろん構わないと思いますが、
わからないなら反対、という幼稚な事は絶対やめましょう。

というかむしろ、わからないなら「今までの腐った大阪を変える必要があるんだから」賛成
なんじゃないの?とすら思います。



都構想ってほんとは 市議vs市民 だと思うんだけど、市民がこれを見抜けるかどうか、ですかねぇ。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

元シティボーイ

いやぁ〜、大阪市廃止・解体・分割派の中身もたいがいスッカラカンじゃなかったですかぁ?
大体、あの大阪市廃止・解体・分割構想についてちゃんと説明できる人って橋下大阪維新の会代表だけしかいなかったでしょう?まぁせいぜいあとは松井イチロー大阪維新の会幹事長ぐらいでしょう。
その他の大阪維新の会所属の大阪市議会議員は、ろくに説明できない。てゆうか、わかっていない。だからテレビには出ない、出れない。反対派との討論にも橋下大阪維新の会代表しか出ない、出せない。某番組の討論では、反対派からは自民・共産・公明の大阪市議会議員3人が出演するので、大阪市廃止・解体・分割構想推進派からも橋下大阪維新の会代表以外に大阪維新の会の大阪市議会議員に出演依頼したそうですが、断られて1人対3人になったと言っていました。そーゆーことなんですよねぇ。
それに嘘つきなのは、大阪市廃止・解体・分割構想推進派の方じゃないんですか?大阪維新の会がタウンミーティングで使っていたグラフやデータなんか、詐欺師のやり方ですよ。
確かに今回の罵り合いはどっちもどっちな面もありましたが、あの段階で大阪維新の会のあの人たちを信用することはできなかったです。
そもそも、住民投票で住民にこんな重要なことを決断させる段階ではなかったですよね。すべては創価学会党のせいですが。
by 元シティボーイ (2015-06-07 18:58) 

masaki

概ねおっしゃられる通りです。
まぁ中身スッカラカンとまでは思いませんけどね。
まず橋本さん以外がダメだった、という事もありますが、橋本さんが有能過ぎたと僕は思っています。
本来、トップがやるべき事は大きいビジョンを描いてそれに向けてどう人とモノを動かしていくかだと思います。
それをほとんど自分動いてやろうとしてたのには問題があります。市長もやりながらですし。
で、大体都構想なんて、やってみたら結構ボロがでたでしょう。
でもそれは当たり前です。やる前はすべて想像に過ぎないものです。
やる前からほぼ完璧な案なんて絶対無理ですからね。
実際にすすめながらでしか問題は修正していけないでしょう。
ましてやちっちゃな会社の改革だって難しいのに、大阪全体の事ですから。

それから詐欺師のやり方、これもまぁ正しいです。
ぶっちゃけると住民なんて政治にそこまで関心がなく、理解力もない人達がほとんどです。
その多数の人達をどう自分側へ引き込むかが重要です。
正直な事、かつ正確な事だけを言って通る選挙はないでしょう。
大げさに誇張したり、多少の強引さの中で、どう心を掴むかが問題です。
変える為には権限を持つという事が第一条件になりますから。

その中で橋本さんは知事、市長の実務の中で感じたことを誇張して声にし、対して反対派は大阪が壊されるという嘘をつく、揚げ足を取るという戦略をとったんです。今までの大阪のダメだった部分を如何に変えていくか、という対案で対抗するのではなく。
特に今回、荒廃したものを変えるのではなく、今のところそう不自由してない人達に対して、これを未来志向で変えるという投票です。逆風の強さは半端ではないです。ほぼ五分というところまで持ち込めたのも奇跡だと思います。

大阪府市制の細かな事まで追い始めると、どっちもどっちというくらい両者に良い点も問題点も出てくると思います。なので、実際市民にとって重要なのはこういった各論ではなく、総論で「何を信じるか、」です。

僕は橋本さんを信じる、というより今までの府市政が信用できない。
太田平松で決定的になりましたね。大きな悪い流れに身を任せるトップばかりの中、橋本さんだけが本気で変える姿勢を持ってたと思いますし、能力も全く違う事はわかると思います。これを信じたいと思うかどうかです。

ただ維新の会はダメでしたね。これは太陽の党が合流したところあたりからダメになっていった気がします。すべて大阪を変える為の布石をうってきたのだろうと思うわけですが、もっとじっくり育てる必要があったと思います。最後は寄せ集めで何のこっちゃわからないものになってましたから。

「住民投票で住民にこんな重要なことを決断させる段階ではなかった。」これには大賛成です。さらに言うならそんな段階があってはならない。
上でも書きましたが住民なんかにわかる案件ではないです。
住民にかろうじてできる事は、「誰に託すか」までです。

なので、僕は市政を市長に引き続き任せるかどうかの投票だったと思っています。市長としてやれる権限の壁にぶち当たった結果の住民投票ですから。
そういった意味で、市議vs市民と書きました。市民は橋本さんを市長として選択し、ずっと50-60%近く支持もしているわけですから。
都構想がどうかなんて考える事もなく、そう考えれば簡単な投票だったと思うんですけどね。
by masaki (2015-06-07 23:22) 

元シティボーイ

橋下っちゃんもあんなに急がずに、ゆっくりしっかりじっくり話し合いをして決めてからにしたら、住民投票も可決されたかもしれないと思うんですが。
任期の1期4年にこだわって、あそこまで慌てる必要はあったんでしょうかね?
by 元シティボーイ (2015-06-12 13:10) 

masaki

そうですねぇ。僕らのような外野から見てるともっと地盤を固めてからにすれば、とか思ってしまいますよね。
でも、現場のど真ん中にいる橋本さんの視点はまた違っていたんでしょう。

例えばあと2年地盤固めや住民に対する周知に費やしたとしても、2年の間準備ができる反面、大阪自民を始めとする妨害側にも2年与える事になります。また2年もあるとどんなイレギュラーな物事が起こるかわからないですから。
政治的な風にも左右されますし、知事市長で現状でやれる事をやってきた末に、現在は議会との対立のせいで市政や広域行政がほぼ手詰まりになっていたでしょうから、タイミング的にここが勝負の時と判断したんでしょうね。
基本的に都構想は内部改革が主なので、住民サービスが下がるだの何だのというまやかしに乗せられた住民の負けです。

投票に勝った今、大阪自民は何と言ってるかというと、
「都構想の対案として総合区といったな。あれは嘘だ」状態です。予想通り。
いわゆる世襲が7割を占める議員が地盤を壊すのが嫌で都構想を反対していたわけで、総合区であっても同様ですから、こんなの進めようとするはずがないんです。
なかよく維新以外の全党が手を取り合ってたのもこれが理由です。
そんなのを含め腐った構造を変えようとしたのが都構想だったんですけどね。

ま、大阪市民なんてこんなもんなんでしょう。
今になって反対にいれた40%が後悔してるとか、もう言葉もないです。
by masaki (2015-06-13 06:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る