So-net無料ブログ作成
検索選択

MacBook Pro ハードディスク交換。

Macbook proに内蔵されてた250GBのハードディスクの残量が20GBほどになっていたので、もう少し容量の大きいハードディスクに交換する事に。

前からなるべくいらないファイル削って軽量化してたけど、これにも限界あるからねー。

色々物色して、レコーディングの事考えてなるべく速いSeagateの500GB/7200rpmにしようかと思ったんだけど、レコーディングに使う時はFW800で外付けのがいっかと考え直して、日立の500GB/5400にしました。ノート用500GBが8000円っていい時代になりましたねぇ。
IMG_1749.jpg


ついでに余ったハードディスクも外付けで使えるようにHDDケースも購入。これも930円って良い時代になりましたねぇ。

これから交換する人の為に、わかりやすく書いておきます。

1.ハードディスクケースに買ったハードディスクをいれて、MacとUSB接続。(USBブートできるのはintel Macのみ。最近のMacは全部だいじょぶなので気にしなくてOK)

2.carbon copy clonerをMacにインストールして、外付けにクーロンコピーを作る。

3.Macの電源落として、外付けと内蔵を入れ替え。

おしまい。こんだけ。


carbon copy clonerは起動中のハードディスクでも、完全にコピーしてくれるのでめちゃくちゃ便利です。コピー元とコピー先を選んでクローン作成押すだけ。いい時代になったもんだ。
フリーで使えますが、気に入ったらカンパしてあげましょう。貧乏用の$5から金持ち用の$50まで用意されてます。paypal使い方わかんない人は、住所乗っけてくれてるので、ボールペン二本とマグネットでも送ってあげましょう。気持ちが大事です。気持ちが。
ピクチャ 2.png

コピーしたら、電源切って交換。


ラッチあげてぇ、
IMG_1755.jpg

フタはずして電池抜いてぇ、
IMG_1750.jpg

抑えパーツはずしてぇ(ネジ一本)、
IMG_1751.jpg


コネクタ抜いてハードディスクはずしてぇ、
IMG_1752.jpg


ハードディスクの横についてるネジ(4本)はずして新しいのにつけてぇ、
IMG_1753.jpg
※これは星形のネジでトルクスドライバーが必要です。今はダイソーでも210円で売ってるので簡単に手に入ります。Macbook ProはT6の大きさを用意しましょう。

元にもどしてぇ、
IMG_1754.jpg

抜いたハードディスクをケースにいれてぇ、
IMG_1756.jpg

おしまい。

ここまで簡単にハードディスク交換できるノートパソコンって無いんじゃないかなぁ。設計が素晴らしいと思いました。はい。

容量増えたら気持ちに余裕ができますねぇ。
ピクチャ 1.png


NIの音源60GBもあるから入れてなかったんだけど、時間がある時にいれちゃおぅ。


<Apple公式ストア 期間限定>Mac整備済み製品
↑appleストアの整備済み本体がかなりお買い得になってます。新品と変わらないので、購入しようと思ってた人は一度在庫覗いてみるといいと思います。
macbook airが118,800円。macbookアルミも同じ値段。
macbookpro持ってなかったら速攻買ってる値段です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。